カタン世界選手権2014

2014年10月13日 catanadmin

カタン世界選手権2014、ベルリンのコミュニケーション博物館で、33カ国65名の参加者で行われました。

世界選手権の様子および、日本代表松本さんの勇姿は以下のリンクから見ることができます。

Catan World Championship 2014 (oomba.tv).

優勝したのは、エストニアのSANDER STROOMさんでした。おめでとうございます。

日本代表の松本さんは、決勝に進んで、初期配置が麦なし配置で不利な状態かつ街道をブロックされるところから「街道建設」「独占」「ポイントx3」とカードで不利を跳ね返し、あとひとつのところで9ポイントで優勝ならず。

これで、日本人は過去12年で世界選手権決勝にを5人(2位2回、3位1回、4位2回)送り込んでいるんですけど、優勝がないんですよね。前回の世界選手権で国別ポイントランキングも9位ですし。

次の世界選手権は2016年にアメリカでおこなわれます。もともと国の代表は2人送ることができるので、がんばって働きかけていかなければ。

非紳士的行為に関するコメント

2014年8月22日 catanadmin

日本カタン協会宛に、いろいろとお問い合わせ、いわれのないクレームがありますが、いくつか回答いたします。
(やっと回答できるようになりました。)

カタン日本選手権(2012-)ですが、この大会は2012年より株式会社ジーピーが主催しています。(日本カタン協会ではありません)

日本カタン協会が過去に主催したのは、200x年代のカタンワールドチャンピオンシップ日本大会(最初は、主催はカプコンでしたが、後に日本カタン協会になりました)、アジア選手権選抜のための大会(カタン・チャレンジカップ)およびタイトル戦(カタン名人戦、なにわカタン王決定戦(現在は関西カタンクラブ主催)、海カタン大会、今年最後のカタン大会)であり、過去にはこれらの大会を通じて日本代表など国際大会にさまざまな人を派遣しました。現在はカタンワールドチャンピオンシップ(CWC)は、主に各国のカタンの販売メーカーが送り出しています。

そのため、日本カタン協会のルールガイドは、国際大会(CWCおよび他の海外選手権)とあわせるために1990年代から何度も改訂をおこなっております。

さて、本題に入ります。カタン日本選手権東日本大会で発生したと言われるコンビ打ちの件です。元々、日本カタン協会としてのスタンスは、はっきり非紳士的行為を否定しています。(主催者には、以下をそのまま18日お伝えしました。)

非紳士的行為とは

“非紳士的行為”とは、大会などのイベントの安全性や競技性、楽しさ、完全性に大きな被害を与え、「カタンの開拓者たち」をはじめボードゲーム本来の楽しさや普及を妨げる可能性のある、問題のある振る舞いを指します。

「非紳士的行為」は、「紳士的行為でない」ということと同義ではありません。「良い」とも「紳士的だ」とも言えないが「非紳士的」ではない、「競技的」行為という部分が十分にあります。(例えば、カタンでは独占カードによる取引した資源の独占などがこれにあたります。)何が非紳士的行為かを最終的に判断するのは、主催であり審判長になります。

俗に言う、ボードゲーム上での非紳士的行為に関しては、ルールに記述がなくてもマナーの上で「失格」の扱いにしないといけません。これは「遅延行為」「不正行為」「暴力行為」「談合」がこれにあたります。

「遅延行為」は、運営時間上の制限時間を利用して結果を有利にしようと、故意にプレイを遅くすることを指します。日本カタン協会では故意でない場合のタイムアウトに関しては「タイムアウトはノーゲーム」と世界選手権と同じレギュレーションを採用しています。もちろん故意は失格審議の対象になります。

「不正行為」は、プレイヤー内で故意にルール違反を行うことおよびそれを故意に見逃すことを指します。(ゲーム上の誤りではありません)これは、プレイヤーばかりでなく、見学者の助言行為も含みます。

「暴力行為」は、実際の攻撃的・暴力的振る舞いもありますが、対戦相手を過度の挑発、暴言、侮辱なども含みます。

「談合」は、複数のプレイヤーが裏(ゲーム外)で手を組み、特定のプレイヤー勝たせるためにアシストを行い、結果を有利にしたり捏造したりすることを指します。コンビ打ちもこの中の一つになります。(他のゲームでは、買収という人もいます。)提示する方も受け入れる方も非紳士的行為扱いになります。これは、イベントとしての完全性を損なうものであり、対戦した相手は2度とそのゲームを行わなくなるからです。また、談合に近い行為でも審議の対象になります。

これらの行為は、重度の場合には警告、失格、退場を言い渡すことがあります。非紳士的行為について、警告しても何度も行っている場合は出入禁止を言い渡すことがあります。

カタン日本選手権東日本大会で発生した出来事について

今回、この4番目の部分がクローズアップされていますが、上記4つのうち3つ発生していることを聞いています。(さらに会場内でビジネスの直接勧誘もあったとのクレームも伺っています。)

イベントは長く開催されるものほど、安全性および完全性の質を上げていかなくてはいけません。

ちなみに、カタン西日本選手権、カタン東日本選手権、ファイナル東京大会は株式会社ジーピーが主催していますので、ご意見はそちらの方へお願いいたします。

非紳士的行為を推奨している団体について

非紳士的行為を推奨している団体については、危険団体として指定すると共に、そのスタッフが今後設立する団体に関しても他協会などに連携を取り、注意喚起をしていきます。

また、過度な非紳士的行為および法律違反幇助に関係していた場合は上記の他にメーカー、販売店などと連携を取り、注意喚起をしていくと共に、過去を遡って日本カタン協会主催の記録(タイトル等)に関する抹消などの対応を行うことがあります。

最後に

カタンの作者のクラウストイバーさんの言葉にあるとおり「また明日あなたと遊びたい」と、言われるようなプレイで遊びましょう。

Ihr Verstand sollte hinzufügen: „Spiele so, dass die selben Leute auch morgen noch mit dir spielen möchten!“ — CATAN FAQ

木駒がでたよー

2013年4月7日 catanadmin

すでに発売されていますので、知っている方も多いと思いますが。。。
ようやくジーピーさんより4色の木駒が発売になりました。
キャリーケース版の発売時よりずーーーーとお待ちしておりました!!

昔ながらのカタンプレイヤーはトライソフト版の木駒がいいと言いますが
現行ではプラ駒が公式。とりあえず紙駒は問題外として、このプラ駒を
キャリー版にセットしてはちょっと使いづらい。
昔のセットから木駒を持ってきて使うとぴったりだった(というサイズで
企画されてるようです)のでずっと木駒の発売をまっていたのです。

さて、この木駒はアマゾンや各ゲームショップだけでなく、なんとTUTAYA
で発売されているのです。一緒にキャリーケース版のカタンも。
カタンがやりたくなったら深夜でもTUTAYAで買えるのです。なんと素晴らしい。

世界選手権レポート(3)

2012年9月17日 catanadmin

最終日も無事終わりました。

自分は残念ながら、2日目に残れなかったので、午前中はアメリカの歴史に触れる観光へ行ってきました。
午後からは決勝戦の観戦をして
周りと一緒に一喜一憂していました。

優勝はオーストリア代表の方で、
最後の得点カードを引いて勝利となりました。
次の手番がくる時には騎士王がとられていたので正に紙一重の状態でした。

何はともあれ今回の世界大会は無事終了しました。
自分も後は帰国というイベントを済ませれば完了となります。

それでは良いカタンライフを。

世界選手権レポート(2)

2012年9月16日 catanadmin

2012-09-14

初日はかなり色々アクシデントがありました。

飛行機への乗り継ぎミスから、予定よりさらに飛行機に乗る羽目に。
最悪スーツケースを諦める前提で、よくわからずもまずは目的地につく事を優先しました。

その後も目的の空港にはついても、迎えにいるはずの大会関係者も、自分が遅れたためにおらず、ホテルまでタクシーで行く事になりました。

何とか場所を伝えついてからはホテルのカードキーをいれたカバンをホテルのボーイに渡してしまったために、フロントで再発行を頼むのもなかなかに難しかったです。

とは言え、無事一日目を終えて、今は2日目の朝食をたべているところです。

それでは大会頑張って来ます。

世界選手権レポート(1)

2012年9月16日 catanadmin

2012-09-14〜2012-09-15 までアメリカ、ペンシルバニア州でカタンの世界選手権が開催されています。

日本からも、先日9/1の日本選手権で優勝しました山形周平さんが日本代表として派遣されていますので
そのレポートを不定期でお送りいたします。
—-
2012-09-14

この飛行機にのって、成田空港からアメリカへ旅立ちます。

とりあえず大会終わるまで定期的に更新がかかると思いますので、よろしくお願いします。

次はフィラデルフィア空港かホテルで行われるBBQの様子をあげてもらう予定です。

世界選手権-成田空港

スタートレック版

2012年5月17日 catanadmin

先日、ドイツからわざわざ取り寄せたというスタートレック版カタンを借り、某ゲーム会に持ち込んでみた。

見てのように惑星の図柄はきれいで道や開拓地がわりの宇宙船やら宇宙基地は楽しい。
難点というか、チャンスカードがドイツ語なのでわからないとか資源の感覚がなれない。
黄色の惑星が羊。。。麦と勘違いしちゃうよ。最初はとまどうなぁ。
あと、開拓地が7個あるので注意。街が開拓地の上に帽子をのっける仕様なので多めにあるのだ。
今回やらなかったが、キャラクターのカードがありそれぞれ特殊能力がついているようだ。
しかし、この説明もドイツ語なので無理~ このカードを使うと別の楽しみ方ができそうだけど。

スタートレックファンなら楽しそうだが、普通のカタンとして楽しむにはハードルが高いかな?

カタンコラム ~娯楽堂の場合~ (その2)

2012年4月4日 catanadmin

うっかり間があいてしまいましたが、続きです。
(その1)でも書きましたが、あくまで娯楽堂さんの考えで必勝法ではありません。
ですが初心者にとって参考になるかと思います。
—————————————————————————————————————————–
戦術

基本的な戦術についても記載しておきましょうか。

・道家戦術

○ 7点までは確実に伸びる
○ 周囲が上級者なら、マークされづらい
× 勝てない
× 仕事(道賞保持)を押しつけられる

・バランス戦術

○ 全ての資源が産出できる
○ 交渉が決裂しても生きていける
× 意外と勝ちづらい
・カード戦術

○ 勝ちやすい
○ 盗賊をコントロールできる
× 他にもカード戦術の人がいるとたいへん
× 引きが悪いと死ぬ

・専門港戦術

○ 派手
○ 勝つと気持ちいい
× マークされやすい
× 交渉でのレートが高い

各戦術の対応については、HPをご確認ください。
道賞
道賞はラスの人に預かってもらえとはよく言われておりますが、これって断ってもいいんじゃないだろうかと最近は感じております。
ラスの人が道賞を預かっても、それでラスの人がトップ争いに絡めるか? ここが大きなポイントなのではないかと。
つまり、2点上昇したことでも全く意味がないケースも有り得るわけなのです。
そんなときだったら、拒否しても構わないのでは?
確かにゲームを長引かせることで、自分の勝機をつかみ取ることは大切ですけども、それにも限界はやっぱり存在すると思うんですよね。

私の基準ですが、1回の手番で稼ぐことができるのは、特別賞を無視するのなら2点がいいところじゃないでしょうか?
ですので6点の状態で道賞を預かるのなら、まだ勝ち目はあると思います。5点では、かなりの幸運が必要。
それ以下なら、勝負権はないと思いますね。
ですので道賞を預かる必要性は感じません。

それでも、道賞はラスの人に預かって貰った方が安心と考える人は多いはずです。
ではどうしたらいいのでしょうか?
それは、ラスの人が5点以下という現状に問題があるのですよ。もっと早い段階で底上げをすべきだったのです。
上位の人が下位の人に資源を回すことで、こういう現状は回避できたはずですよ。

また、道賞を預かったとしても、ラスの人なので資源産出量も多いとは思えません。
ですので毎手番、この人に道材を送り込むことが必要となります。それをしないと、逆転されてゲームが終わってしまうこともあるのですから。
道賞争いは常に派手です。独占や街道建設で道賞が移動するケースは、決して珍しいことではないですよね。
それを防ぐための資源融通は、ゲームを長引かせる意味でも有効ですし大切です。
プロデューサー
ここまでの内容を実践できるようになれば、ゲームに勝てるようになります。勝てないまでも、何もできずに負けという展開は少なくなるのではないでしょうか?

こうなりますとですね、次のステップに進んで欲しいのですよ。他のプレイヤーを楽しませることを考えてください。今のままでは、あなたは楽しめていますが、他の人はどうでしょう? この状態が続くと、遊んでくれる人がいなくなってしまいますよ。

そこでゲームそのものをプロデュースし、全員が楽しめる展開へと誘います。
目標は全員が8点。これならほぼダイス勝負かカードめくり勝負になるんじゃないでしょうか?

ちなみに全員が8点になるためには、全員が6点、全員が4点をベースに考えると、そんなにバランスは崩れないのではないかと。
あ、伏せカードは1枚1点換算でよろしいでしょう。
まとめ
カタンはとても面白いゲームです。

ここに書いてあることを実践しなくとも、楽しく遊ぶことはできます。

ですが、もし貴方が多くの人と遊びたいと思うのなら、この本の内容をよく覚えておきましょう。
そうすれば、迷惑なプレイヤーにはなりません。
ということは、好かれるプレイヤーになれるかもしれません。

ボードゲームというものは、1人では遊べません。
対戦相手が必要です。
迷惑をかけるプレイヤーは嫌われ、相手にされなくなることもあるかもしれません。
そうならないように今のうちから心がけておくことは、きっと財産になるんじゃないでしょうか?

そして迷惑なプレイヤーにならないことは、実生活にも生きてきます。
ゲームを通して、それを体験してみてください。

—————————————————————————————————————————-
著者紹介: 娯楽堂  池袋で行われているアナログゲーム会「袋小路」主催者

カタンコラム ~娯楽堂の場合~ (その1)

2012年3月23日 catanadmin

ずいぶんご無沙汰してしまいました。
本年のblogはカタン戦略、戦術について切り込んでいこうということで第一弾。
昨年秋の東京ゲームマーケットにて「袋小路」から販売されたカタン本の転載許可を頂きましたのでご紹介したいと思います。

ただし、あくまでも参考ということで紹介させていただきます。
ゲームの楽しみ方は各々で見つけるものですから。

——————————————————————————————————–
はじめに
これはカタンの本です。

当初は本を出すつもりはありませんでした。
袋小路のHPにもカタンのコラムはありますから。

ですがカタンを楽しむプレイヤーが増えてきた昨今、様々なシーンで様々な人たちと遊ぶ機会もあるでしょう。
そんなとき、迷惑なプレイヤーにならないように心がけておくことも必要かと思っております。

この本では『迷惑なプレイヤーにならない』を目標に、

http://fukurokouji.is-mine.net/catan/catan.htm


こちらのカタンコラムに修正を入れつつ、スマートになった内容となっております。
勝利
カタンでは「最初に10点に達した人が勝ち」です。
つまり勝者は1人だけです。
それ以外の人は全て負け。
このゲームに2着はありません。
まずこのことをしっかりと念頭に植え付けてください。

ですので、中盤から終盤にかけて置いて行かれるようなゲーム展開で、少しでも順位を上げようとするのは
はっきり言って意味がありません。
このときに大切なのは、誰も勝たせないように立ち回ることが必要となります。
他の誰もが勝つことができないのなら、相対的に自分にもチャンスが巡ってくるはずなので。

時間はかかりますけどね。
盗賊
未だにレア資源を狙って盗賊を動かす人がいます。
はっきり言ってカッコ悪いです。
ダサいです。
ただ相手の恨みを買うだけです。
今すぐ止めてください。

こういう、自分さえよければいいというプレイヤーが「迷惑なプレイヤー」なのですよ。
正直この本を書こうと思った理由のほとんどがここに存在します。

欲しい資源のために、盗賊を動かさない

それだけでも理解してください。
では、なぜ自分勝手に盗賊を動かしてはいけないのでしょうか?
それは他にもプレイヤーがいるからなのです。もしカタンが2人用のゲームなら、それでいいでしょう。
ですがカタンは3~4人用のゲームです。
盗賊の移動は、全員が納得するところに置くべきなのですよ。でないと全体のバランスが狂ってしまうのです。
特に序盤はこの傾向が顕著です。
序盤にこういった理由で下位の人を叩くと、場合によってはそれでゲームが終了してしまうこともあるくらいに。

盗賊と交渉は、カタンのバランスを保つために大切な要素であります。
これらの使い方の上手な人が、そのまま上級者と呼ばれるのではないでしょうか?
交渉
カタンには交渉ゲームとしての要素もあります。
モノポリーには「最も交渉した人が勝つ」という格言がありますが、カタンでも交渉は重要なのです。

交渉の基本は、WIN ─ WINです。
お互いが得をすることです。
手番プレイヤーは開拓し、交渉したプレイヤーは手札が増えるというのが理想でしょうか。
こうなると損をするのは、交渉に絡めなかったプレイヤーとなるので、この人達も積極的に交渉をしてくるようになるでしょう。

そしてカタンはダイスゲームでもあります。
ダイスというものは、なかなか思い通りにもなりませんし、バランスも取れないものです。
そこを調整するものが交渉であり、盗賊なのです。
交渉によって平均化させ、バランスを保つことが意味を持ってくることは、先のページに記してありますので、そちらも学んでください。
4点
一般的にですけども、港を手に入れて、街をゲットすると4点となります。これで一息つけるわけですが、ここでよく周りを見てみましょう。
自分は今何番手なのか?
トップだったとしたら、確実に狙われます。
盗賊はやってくるでしょうし、交渉でも苛められることとなるでしょう。
だったらこちらから先に動いてみましょう。
他の人に資源をバラ撒いて、他の人の点数を押し上げてしまいましょう。
自分と同じ4点になってもらえば、あとは集中攻撃とはならないはずです。
感謝もされますし、恩も売れますから。

もし自分がラスだったら、皆さんに助けてもらうことを考えましょう。
ここから逆転するのはちょっと難しいです。
交渉の際には「負けてるんで、お願いします」くらいは主張していいんじゃないかなと。

—————————————————————————————–(その2)へ

著者紹介: 娯楽堂  池袋で行われているアナログゲーム会「袋小路」主催者

川崎例会はこんな感じ(おける11/20のようす)

2011年11月21日 catanadmin

11/20に行われた川崎例会。

12:50、ボードを会場に持ち込むと3名ほど常連がきてました。 
ボードを置いて買い出し。川崎例会では各種ソフトドリンクをフリードリンクとして出してます。
今回は1Lのフルーツジュース×5、2Lお茶×3、2L炭酸×1を準備。もちろん紙コップも。
戻ると初参加の男性1名に女性1名含め5名も来ていたので、さっそく1卓。
というのもお昼を食べたりですぐにゲームをしないのもOKなので、できる3、4名が集まるごとにゲームを始めていくのです。
まあ、すぐに人は集まっていき、14:00には5卓、最終的には6卓、21名(うち初参加4名)の大盛況でした。
相変わらず女性も多くて今回は6名。家族連れ2組のほのぼの系例会なのではと。
雰囲気はほのぼのでも、大会優勝者も参加してる例会ですのでレベルは低くないですよ。
ゲームは何テーブルか終わったらシャッフルな感じで19時までだいたい4、5ゲームできます。
最近は日本カタン協会の会長がUstの配信をテストしていたりします。

今回は特別企画、同じ会場の調理場が夜に空いていたので、個人的に居酒屋テイストで宴会を開いてみました。
参加希望者は終わったら調理場へ。料理と酒は準備させていただきました。
そんなにこないだろうなと思っていたら甘かった。14名もの参加を頂きこちらも大盛況。
19時から乾杯~22時撤収で呑んで話して楽しかったです。
ただ、ばたばたとなって参加していただいた人にもいろいろ手伝っていただいてありがとうございました。

まあ、毎回有志10名ほどで呑みやに行くので同じ会場ならそんな感じなのでしょうか?

次の例会は12月は大会がある為にお休みなので1月です。場所がまた溝の口?まだ決定してないです。
決定したらwebやmixi、twitterで案内していきますのでご参加お待ちしてます(^^)